Ecology RecycleFun リサイクルショップを大阪で。スクラバー、砂漠緑化について

進化を続けているスクラバー

環境を汚さないために、以前からスクラバーというのは大活躍していましたが、最近ではさらに進化している様です。

たとえば、スクラバーはメンテナンスが必要となる事もあるようですが、その頻度がかなり低くなるなど改善されつつある様です。

また、スクラバーを使用する事によっても汚泥が発生する事がある様なのですが、その量が少なくなるなど、いろんな所でよくなっているそうです。

少しの変化かもしれませんが、仕事となると毎日稼働させ続ける事になりますので、ちょっとしたスクラバーの機能の改善が後に大きな影響となってしまう事もあるかと思います。

これからもさらに高機能なスクラバーが研究開発され続ける事でしょう。

スクラバーと燃焼ガスの関連性

燃焼排出ガスは多くが有害な物質を含むものであり、そのままの状態では環境へ影響を及ぼす原因となってしまうことから、スクラバーを用いた汚染物質の処理が欠かせない要素とされます。

代表的な排出ガスの処理法としては湿式洗浄と呼ばれるものがあげられ、化学工場や実験施設・製造施設などの排出ガスに対して毒性の中和と除去が期待できるスクラバーの技術となります。

これは特殊な洗浄液を対象の物質と接触させることで処理する方法に該当し、水溶性の毒物や腐食性の有毒ガスを外部へ放出しないために有用性の高い手段とされています。

高濃度臭気に対応したスクラバー

臭気の中でも高濃度臭気の場合には、通常のスクラバーで無事に処理できているかどうかという事が心配な事もあるでしょう。高濃度臭気の場合には、大気中に放出されてしまうとその心配も感じられる事でしょう。

そんな時には、高濃度臭気に対応したスクラバーを選択する事によって、無事に解決する事ができるでしょう。スクラバーでは臭気の種類によってタイプを選ぶ必要があります。高濃度臭気に対応したスクラバーであればしっかりと逃す事なく臭気をキャッチする事ができます。

スクラバーは臭気に対応しているかどうかという事によって、処理能力が大きく異なります。同じ導入するなら、処理能力が高い物を選びましょう。

洗浄液を用いた湿式スクラバー

第二次産業の中核をなす工場では、化学反応や燃焼による排気ガスの処理がひとつの重要課題となります。スクラバーは、大気汚染の原因となる有毒な排気ガスや二酸化炭素の放出を防止する装置の総称です。洗浄の目的の物質によって装置の仕組みに種類がありますが、一番ポピュラーなものが湿式洗浄塔と呼ばれるものです。

湿式スクラバーでは、水や除去したい物質に反応する洗浄液を使用し、排気ガスや空気に含まれる汚染物質を取り除くことを行います。アルカリや酸性のガスはそれぞれ酸性とアルカリ性の溶液で中和させ、水に溶けやすいガスは水洗浄を用います。

スクラバーとはどういった装置なのか

排気中に含まれる、有毒ガスを処理する装置を、スクラバーといいます。

原理としては、水などの液体を吸収液とし、排気ガス中の有害成分や、ダストを液滴や液幕中に捕集をし、分離するので温式スクラバーともいいます。

例えば、フッ素化水素や塩化水素などの有毒ガスなどは、水吸収で処理することが可能になります。硫酸ガスなどの酸性ガスは、苛性ソーダで吸収することが可能です。またアンモニアガスは、アンモニア溶液の蒸気圧が非常に高いので、水吸収しても気化してしまうため、硫酸で処理します。吸収液を排ガスに、接触させて捕集する方法が、温式スクラバーでは主流となっています。

スクラバーは排ガス処理装置

大気汚染防止装置の1つにスクラバーがあります。工場や研究所などから排出される排ガスを処理する装置のことをいい、汚染物質をきれいに除去し、大気に放出するものです。

例えば、化学工場のメッキ工程、酸洗浄、塗装工程などの製造工程で、有害物質を除去する目的で使用されています。製造工程で発生する有害な物質を含む排ガスを吸着したり、中和処理をするなどして無害化しています。

スクラバーには加圧水式や充填塔式、回転式などの種類があり、それぞれ特徴が異なります。ただ、どれも洗浄水を使用するので、廃水処理を行う必要があります。

スクラバーのメーカーについてはこちら。
株式会社アイエンス
大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F

スクラバーについての記事

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。