Ecology RecycleFun リサイクルショップを大阪で。スクラバー、砂漠緑化について

大阪での砂漠緑化における課題とは

砂漠緑化への目的として挙げられるポイントの一つに、農耕可能な土地への期待感があります。食料やエネルギーを増やすために、利用可能な土地も増やす手立てが進められます。

政府や自治体、NGOなどによって様々な計画が行われており、環境の保護にも効果が見込まれています。砂漠緑化によって植物が増える事での地球温暖化防止、さらに海面水位が上昇する現象も抑えられるといった要素が含まれています。

また砂漠に悩まされている隣接地域が影響を受けることも少なくなるため、大阪などの企業団体の努力と共に、より効率的に、効果的な対策としての必要性が叫ばれています。

砂漠緑化における日本人の取り組みとは

砂漠緑化の取り組みには日本人も活躍しています。

NPO法人や一般社団法人などの団体が参加しており、その中の一つで、モンゴル自治区のクブチ砂漠や、ホンシャンダーク沙地での緑化活動をおこなっている団体は、2000年にスタートし、ならではの緑化技術を確立して、活動を実施しています。

ここでは、ボランティアツアーを企画し、モンゴル自治区のクブチ砂漠での砂漠緑化活動をおこなっています。

6名以上から団体ツアーに参加できるので、大阪などからも学生のサークルや、団体のグループに参加して体験してみてはいかがでしょうか。地球緑化クラブのホームページから問い合わせることができます。

砂漠緑化の内容について

地球規模における環境問題の中で、深刻な問題の一つとして砂漠化が挙げられます。中国やアラブなどの国々では、温暖化による砂漠化がより深刻なものとされています。その土地の生態系や環境を考えながら、林や森を作っていくのが砂漠緑化の役割です。

まだまだ未知数な部分はありますが、木を植えることで二酸化炭素が固定化され、砂漠化された土地に多くの可能性が生まれると言われています。興味がある場合には、国や企業を挙げての前向きな砂漠緑化プロジェクトとなりますので、しっかりと向き合い活動に参加していくことが重要になってきます。

正しく知りたい砂漠緑化

環境保護が強く求められている現代社会において、砂漠化してしまっている土地に植物を植えて、育てようとする取り組みは砂漠緑化と呼ばれています。

政府や自治体、NGOなどによって幅広い取り組みが見受けられるものの、砂漠緑化のメリットやデメリットを把握して、効率良く行わなければなりません。

植物が増える事によって、二酸化炭素が固定され、地球温暖化の防止へと繋がります。また現場での技術や開発には年々、大きな発展があるため、著しく進歩していることも事実です。情報の共有や、上手く技術を利用することによって、より役立つ砂漠緑化対策が見込めます。

砂漠緑化に対する誤解

砂漠は、地球の生態環境を構成する一部で、自然なので無理に砂漠緑化をすると生態系のバランスを崩し、自然破壊につながるのでは、ないかと言われています。しかしながら砂漠化は、人類活動によるものであることも、忘れてはいけません。

地球温暖化によって氷河や南極の氷が解けてしまい海水が上昇したことによって、島国や沿海の都会に壊滅的な影響を及ぼすとされています。同時に砂漠化が進むことにより、野原や農地がなくなっていき、人間の生存環境が著しく悪くなり生活がしにくくなります。砂漠化と温暖化の因果関係ははっきりとされていないですが、砂漠緑化は地球を守るために必要な活動なのです。

砂漠緑化について知ろう

現在、様々な土地で砂漠化が進んでいることをご存じでしょうか?それに伴い実は「このままではいけない」という考えの人が増えてきており、砂漠緑化が積極的に進められています。

具体的にどういった運動かというと、砂漠に緑を植えるのが主な砂漠緑化の活動です。またただ木々を植えるのではなく、植えた木がきちんと成長していくためのサポートもしています。

メインになっている団体は特に決まっておらず、様々な企業も取り組んでいますし、またNPO法人なども砂漠緑化活動をしています。温暖化防止を目標に掲げている企業も非常に多いですし、イメージアップの一環として行っている企業も少なくありません。

砂漠緑化事業を考えるならタイキ。大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

砂漠緑化の記事

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。