Ecology RecycleFun リサイクルショップを大阪で。スクラバー、砂漠緑化について

技術が求められる砂漠緑化や藻場再生

努力しても、ただやみくもに砂漠緑化や藻場再生をしているだけでは、実際に効果を発揮しているかどうかという事は疑問になってきます。

砂漠緑化や藻場再生というのは非常に難しい課題だと思います。時には技術が必要になってくる事もあるかと思います。砂漠緑化や藻場再生における効果は一時的ではなく、更に遠い将来もその状態が続いている方が好ましいかと思います。

しかし、昔に比べるとノウハウも確立されつつあり、技術においても確かなものになりつつあるのではないでしょうか。なくなってしまった自然を元に戻すというのは、とてつもなく困難な作業の様ですね。

この様に環境を守るための対策を行うのと同時に、環境を失わない様にする努力も必要でしょう。

他地域の砂漠緑化を支援する意義

自分の暮らしている地域だけが綺麗ならOK、都会で生活していると自然とこういった近視眼的な見方になりがちです。地球上のそれぞれの地域は密接に関わり合いを持っています。サバンナや熱帯雨林の砂漠化が進行する事は、一見都内の人々の生活には影響が無さそうです。しかし、砂漠化を放置すれば、それが地球温暖化の危険に繋がり、近年多発しているゲリラ豪雨や水害のリスクとなります。要するに他国の砂漠緑化を支援すれば、巡り巡ってその恩恵は日本人にも訪れます。

砂漠緑化が進めば、それだけ地球温暖化のリスクも減りますし、発展途上国の人々の生活も安定しますし、食糧危機のりリスクも軽減し、まさに良いことばかりです。

地球環境問題の解決のための砂漠緑化

砂漠緑化とは、砂漠化してしまった土地に、再び緑を取り戻すために行われる、様々な試みや作業の総称のことです。簡単に言えば砂漠に植物を植えて育てることです。地球環境破壊を食い止めるためにぜひ成功させてほしい重要な活動です。

砂漠緑化と、口にするだけなら簡単ですが、実際の活動は長期にわたり、熱意と根気がなければとうてい続けることは出来ません。まず安定した水源を確保することが必要です。それだけでもかなりの時間を要する場合もあります。そしてその土地に合った植物を見つけ出さなければなりません。

植える時期もよく育つためには重要です。せっかく植えた植物が家畜などに食べられてしまわないように、囲いを設ける作業をしなければならない場合もあります。しっかりと根付くまで見守りも欠かせません。そうした面倒な作業を、よそから来たボランティアの人たちと、地元の人たちがお互いに理解し、協力しあってやらないと、砂漠緑化は上手くいかないと思われます。そして最終的には現地の人たちだけでやっていけるようにまでになって成功と言えるのです。

世界で進める砂漠緑化計画

世界的な環境問題の一つに砂漠の浸食があげられます。世界中に広大な砂漠はあり、風に乗って砂が運ばれていくたびに砂漠は広がっているのです。そのため風で砂が広がらないように壁という意味合いでも砂漠緑化計画に力を注がれています。

多くの人のイメージ上では砂漠に木々などを植えることは不可能だと思われていますが、自然に育つのが厳しくても人為的に砂漠緑化を進めていくことできちんと育てることが可能なのです。

木々や花々を植えて、毎日丁寧に世話をしていれば砂漠でも自然を咲かせられるので、まずは小規模の範囲で砂漠緑化に取り組み、それからどんどんと規模を大きくしていけば砂漠全体を緑化させることも可能なのです。

期待が寄せられる砂漠緑化

NGOや地方自治体、政府などによって、様々な砂漠緑化への取り組みが行われています。環境保護が重要課題ともなっている現代社会において、砂漠を緑化することは、豊かな生態系を取り戻し、海面水位上昇や地球温暖化を防ぐための大切な活動にも繋がります。

また農地や牧場として利用できる土地が増えることで、食料やエネルギーの生産量も増やせることが砂漠緑化でも期待されています。しかし希少な砂漠の生態系を破壊することにも繋がりかねません。

それぞれのメリットとデメリットを正しく把握することで、目的や主旨に応じた砂漠緑化の取り組みが進められることでしょう。

砂漠緑化で大切なこと

砂漠緑化は、さばくりょっか、さばくりょくかと読みます。これは、砂漠化した土地に植林して緑を取り戻そうとする活動です。

植林といえどもただ木を植えれば完了するわけではありません。砂漠緑化の活動では、木を砂地に植えるので、根が張りやすいように稲わらや麦わらを地中に埋め込みます。また放牧により緑が失われた場合が多いので、家畜が入れないように柵で囲います。

植林した後は、追肥、剪定、水やりを必要に応じてしなければなりません。企業などが外国などの砂漠化した土地に出向いて社会活動として砂漠緑化を行う場合、なかなか常時社員を派遣することは困難です。そのような場合でも継続できるよう、現地の人に継続していく大切さを伝えていくことも大切です。

砂漠緑化事業を考えるならタイキ。大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

砂漠緑化の記事

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。