Ecology RecycleFun リサイクルショップを大阪で。スクラバー、砂漠緑化について

砂漠緑化の運動

緑がたくさん生えているのを見ると、疲れを癒してくれ、ゆっくりとした時間を過ごせるのではないでしょうか。砂漠に草木を植えること、もしくはそれらが育つような算段をすることを砂漠緑化と呼んでいる。

例えば、砂漠化進行を阻止したり、農地の拡大によるエネルギー生産量や食糧を増加させたり、二酸化炭素の固定による地球温暖化防止に努める事である。最近では、砂漠緑化の運動はあらゆる場所で盛んに行われている。

NGOが行う砂漠緑化

時として砂漠緑化のための活動はNGOの団体が行っている事も少なくありません。砂漠緑化というのは、たくさんの人の努力があって、ようやく少しずつ砂漠緑化になっていくものです。砂漠緑化を行っても翌日には森林が生い茂るという事はありません。

ですので、砂漠緑化には規模が大きなNGOが活動する事もあり、またNGOの中には木を増やす活動を専門に行っており、独自のノウハウを築いている事もある様です。興味があるという人は、ボランティアの募集が行われていると応募してみるのもいいかもしれませんね。仕事ばかりではなくて、時には人のために汗を流すというのも気持ちよく感じられる事もあるかと思います。

植林をすることで砂漠緑化につながります

砂漠を広げないために、植林をすることはよく知られています。ただし、ただ植えただけでは砂漠緑化にはなりません。育てていく必要がありますので、すぐに効果がある方法ではありません。しかし、砂漠の環境でも育ちやすい植物もあるので、砂漠緑化をすることは可能です。

砂漠緑化をするには何年もかかりますが、現在では植物がある状態になっているところが増えています。

詳しく知りたいという場合は、砂漠緑化を体験するということもできるので、植林に興味がある人などは参加してみるとよいのではないでしょうか。時間はかかりますが、地球環境を悪化させないためにも必要なことです。企業や様々な団体が行っていますので、今後も広がっていく活動です。

世界が取り組む砂漠緑化

一面砂の世界が広がっている砂漠は年々大きくなっています。風に飛ばされた砂が砂漠を拡大することが世界的に問題視されていて、砂漠の浸食を抑えるための活動に砂漠緑化計画があります。

砂漠に木々や草花を植えることで緑を増やし、砂が飛ばされていくことを防ぐことができるので砂漠緑化が注目されています。ただし、砂漠で緑を増やすと言う事は簡単ではなく、まずは人為的に水を与えたり、手入れをしたりと成長を促さないといけません。

砂漠は植物が育たないというイメージを持っている人も思いますが、それは間違いで現に砂漠にオアシスがある通り植物を育てることは理論上可能なので様々な団体が砂漠緑化に取り組んでいます。

砂漠緑化の活動について

いろいろな地域で、砂漠化が進んでいます。砂漠化を放置していると、どんどん砂漠になってしまいますので。砂漠緑化活動が、盛んに行われています。

砂漠緑化はどのような活動かというと、砂漠化が進んでいる地域に行き、その土壌を調べどのような植物を植えるのが良いのかを調査します。そして植物を植えていきます。

植えるだけでは、のちに枯れてしますので成長するために、必要な水を撒けるように自動水まき機を開発し設置したりしています。設置するだけでは意味がないので、地元住民に使い方を説明し、植物を育ててもらっています。このように多岐にわたる砂漠緑化活動をしています。

砂漠緑化の目的と課題

企業や政府、NGOなどの取り組みによって、地球温暖化の防止を主な目的として砂漠緑化を進める事業が幅広く行われています。環境問題に関わる事柄に着手することは、問題そのものへの対策だけでなく、社会的なイメージアップを図っている場合も多くあります。

また砂漠緑化は、砂漠化の進行防止や、農地の拡大によって期待される食料やエネルギーの増産など、目的や内容にも様々な事柄が挙げられます。

様々な技術が開発される一方で、それぞれに抱えられている課題も多いことが現状でもあります。効果の違いやコスト面、さらに電源の確保など、より多くの砂漠緑化対策が求められます。

砂漠緑化事業を考えるならタイキ。大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

砂漠緑化の記事

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。