Ecology RecycleFun リサイクルショップを大阪で。スクラバー、砂漠緑化について

狭い所に設置できるスクラバー

工場内に広い場所がないために、スクラバーの設置ができない可能性があり頭を抱えているという企業があります。確かにスクラバーと言えば、巨大な機械もありますが、大きさも様々で、用途も様々です。

最近では省スペースのスクラバーも登場しております。また、スクラバーは工場のニーズに合わせてカスタマイズを行ってもらえる事もあります。

設置できる十分なスペースがないと思われる場合であっても、スクラバーを扱っている会社に問い合わせをして、場合によっては自社に訪問してもらって、設置が可能かどうかという事を判断してもらうのもいいかもしれません。

まずはいろいろなスクラバーのカタログを集め、処理のスペックとサイズなどチェックしましょう。用途に応じてリストアップし、スクラバーのメーカーに問い合わせてみましょう。ぴったりのスペックがなくてもまずは連絡してみましょう。

水銀汚染を防ぐスクラバーの効果

廃棄物に水銀が発生する工場や研究所において、廃棄する際の処理方法として重要なのがスクラバーの設置です。公害の発生を未然に防ぎ、地域環境を保護する観点からも、企業の取り組み姿勢として廃棄物の扱いについては厳格に行わなければなりません。

湿式のスクラバーは溶解性水銀を効率的に除去することができ、さらに不溶性のものを完全に除去するために煙道にハロゲン添加を行うなどして除去率を高めています。きわめて有害な物質ですが、スクラバーを通すことにより無害化できるために、大気汚染防止にきわめて重要な設備であると言えます。

湿式と乾式があるスクラバーの集塵方法

スクラバーとは、工場などにおいて排出ガス中の汚染物質や煤塵粒子を排出する場合に取り付けられる大気汚染防止装置の一種です。洗浄塔システムとも呼ばれます。ガスに含まれる汚染物質や煤塵粒子は、湿式洗浄(ウェットスクラバー)の場合、溜水中にくぐらせたり洗浄液に接触させることで集塵を行います。

洗浄液には、煤塵などに対応する化合物を用いることで効果を高めます。一方、乾式洗浄(ブリーツバグフィルター)の場合は、ガスなどフィルターにくぐらせることによって集塵を行います。乾式洗浄は、乾式吸着剤注入器やスプレードライヤー吸収塔として分類されます。

スクラバーを使用する目的とは

スクラバーは大気汚染を防止する際に使われる専用装置であり、洗浄塔システムとも呼ばれる技術の一種です。工業用の排出粒子やガスを抑えることが主な目的となっており、酸性の排出物に対して高い効果を見込める装置へ該当します。一般的にはスクラバーを用いることにより、排出物に含まれる毒性物質や腐食性化合物の中和と除去を実現し、専用のものであれば水銀のような危険度の高い元素へ対応できる点が強みとされます。

これにより、工場などの建物から大気中へ危険な物質を放出することなく生産を続けられ、環境破壊及び人体に対する汚染物質の影響を限りなく減らせられます。

スクラバーの製品一覧から探す

ニオイを分解してくれるスクラバーですが、この製品にはたくさんの種類がある場合があります。たくさんの製品を扱う会社による、スクラバーの製品から最終的にベストな物を見受けるためには、製品一覧から探すのが手っ取り早いのではないかと思われます。

スクラバーの製品一覧から探すといっても、それぞれのスクラバーがどの様に異なるのかという事について把握している必要があると思われます。また、ニオイの種類によって設置する製品は異なる場合があります。また、スペースが限られている場合には、導入した際に、社内のどの場所に設置するのかという事についても事前に把握しておく事が好ましいと思われます。

カタログを参考にしたいスクラバー

もちろんスクラバーを販売している企業のwebサイトを見ると、かなり詳しい事について紹介されている事もあります。

しかし、企業の役員が何人もいて、みんなでスクラバーの導入について考える場合や、じっくりとスクラバーの詳細について把握したいという時には、カタログがあれば、頂くと検討しやすくなるのではないかと思われます。

スクラバーを販売している企業にお願いすると、カタログを届けてくれる事もある様です。それでもスクラバーの導入において、分かりにくい部分などがあった場合には、企業側に確認しておきましょう。また、お手入れの方法についても把握しておいた方がいい場合というのもあるかと思います。

スクラバーはシンプルで有益です。

世界各国で地球温暖化が叫ばれていますが、その原因の一つであると言われているのは、排ガスです。わかりやすいところですと、車や工業地帯からの排出されるものがあります。その排気のなかに含まれる排ガスを処理するのがスクラバーです。

排ガスを水吸収して問題となる化合物を中和したり、吸収材を使用して処理することが可能なのです。大気汚染を防止する装置としてだけでなく、脱臭効果もあり、発火を防ぐ火災対策として使用されることもある優れものです。スクラバーは企業だけでなく一般家庭でも近い将来運用可能なシステムでもあります。

スクラバーという設備について

洗浄塔などとも呼ばれるスクラバーですが、多くの製造工場や化学工場、実験・化学分析を行う施設において完備されている重要な設備です。上記のような施設では、どうしても作業過程で有害な物質などを含むガスが発生してしまいます。

それをそのまま大気中に放出してしまうと、近隣の環境に重大な影響を及ぼしかねず、果ては公害になりうります。そういったことを防ぐために、ガスをスクラバーで洗浄を施してから周囲へと排出されるような仕組みになっています。そうすることで周辺環境への配慮を行っているということです。そのため重要な設備になります。

スクラバーの構造について

スクラバーは洗浄集塵機のことです。工場などから発生するばいじん粒子や毒性、臭気を持つ排ガスをキレイに洗浄して大気中へと還します。水などの液体を吸収液として用いて、この液膜や液滴に有害成分や、煤塵を吸収して分離する湿式方式と、高機能のフィルターや活性炭などを用いた吸着剤をガスが通過する際に、ガス中の成分を付着させて取り去る乾式があります。

また、気液接触に優れ省スペースで設置が可能な縦型と、充填物のステージ数の増設が可能でステージごとの成分を変えることができるので、多成分ガス対して有効な水平型のスクラバーがあります。

工場などでスクラバーの役割

多くの製造工場や化学工場といった工場や化学実験を行うような施設に設置されているのがスクラバーという設備です。別名洗浄塔ともよばれる設備ですが。これがなくては上記のような工場・施設は操業することができません。

なぜならこれらの場所では作業工程などでそうしても有害な物質を含むガスが発生してしまうためです。そんなガスを大気に放出してしまうと公害などの事態に発展するのは明白だからです。そのために有害物質を洗浄する必要があります。そういった有害物質を中和するものや、二酸化炭素の排出量を抑えるもの、悪臭を取り除くものなどをスクラバーと言います。

スクラバーの必要性について

現代生活において環境汚染など、様々な環境問題が叫ばれる中、二酸化炭素排出量の削減を目的に、製造された排気設備をスクラバーといいます。気体中に含まれる有害微粒子が、一か所に集められて洗浄液によって除去される仕組みです。

洗浄液に気流を流す溜水式のものや、微小液滴になった洗浄液を吹き付けるスプレー塔式の物など、いくつかに分類されます。地球にやさしい生活環境が叫ばれる中、現代の生活を正常に送るうえではなくてはならない存在でもあります。さらに、産業を中心に広い範囲で開発され、作業環境を保つためにも重宝されています。

スクラバーのメーカーについてはこちら。
株式会社アイエンス
大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F

スクラバーについての記事

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。