Ecology RecycleFun リサイクルショップを大阪で。スクラバー、砂漠緑化について

ホコリも捕まえるスクラバー

排ガスや臭気をきれいな空気に換えてくれるのがスクラバーの役割ですが、スクラバーの実力はそれだけに留まる事はありません。実は、スクラバーというのはホコリも捉えてくれます。

ホコリも体に良くないと言われる事もあるみたいですので、臭気をなくしてくれるのと同時にクリーンにしてくれると一気に問題が解決されます。

どうしてもホコリが発生してしまい困っていたという工場にとって、この様な高性能であるスクラバーを導入すると、環境汚染についてこれ以上心配する事なく、ビジネスを展開していく事ができそうですね。もしかすると、あなたの会社の悩みもスクラバー一つで解決する事ができるかもしれません。

煙道ガスにはスクラバーがおすすめです

発電所で発生する燃焼ガスや、暖炉やオーブンからガスを排出する煙道ガスには、粒子状のすすや一酸化窒素、硫黄酸化物などの有害汚染物質が少量含まれています。この汚染物質を洗浄液で集めて取り除くのがスクラバーです。

従来はそのまま排出していたのですが、スクラバーを使用することでCo2削減につながり、地球環境にやさしくなります。スクラバーは、処理するガスの種類、温度、設置スペースの広さなどによっていろいろな種類があります。悪臭や公害防止にもつながりますし、導入することで企業のイメージアップにつながるのでおすすめです。

微生物を活用したスクラバー

どの様な仕組みとなっており、スクラバーは臭気をなくす事ができるのかという事について考えてみるとかなり不思議だと感じる事もあるかと思われます。スクラバーの中には、微生物を活用した物もあります。

微生物だけで本当にスクラバーが臭気を処理できるのかと不安な事もあるかと思われますが、実際にはかなり微生物は働き者として活躍している事もあるみたいです。スクラバーは必要に迫られて、仕方なく設置するというケースも多いと思われます。

しかしながら、スクラバーの詳細について把握してみるとかなり興味深く感じられる事もあるでしょう。微生物の素晴らしさについて理解すると、大事に扱いたいという気持ちになる事もあるでしょう。

汚泥に悩まされないスクラバー

従来のスクラバーを設置していると、しっかりと臭気を捕まえて処理を行うのですが、その一方で汚泥がたくさん発生して、今後はその処理に負われてしまうという事が悩みの種となってしまっていた事もある様です。

しかし、新しいスクラバーについては、汚泥がかなり発生しにくい様に改良されている物もある様です。これは便利と言えるでしょう。スクラバーの導入について考える時には、汚泥の発生についても検討しておきましょう。

スクラバーを決めると、汚泥の処理を行うのは自分達となります。扱いやすいと思われるスクラバーを導入する様にしましょう。製品の仕様などについては、事前に詳しい事を調べておく必要があるでしょう。

スクラバーで管理を徹底する

自社で排出される臭気や排ガスなどは自社で責任を持って処理を行う必要があるかと思われます。そのためには、スクラバーを使う事で管理がかなり楽になるという事も考えられます。スクラバーを設置して稼働させるだけですので、難しい作業などが必要になる分けでは有りません。

スクラバーを稼働させている臭気や排ガスが外に漏れてしまうという事もないかと思われますので、社内で働く人や周辺にいる人を煩わせてしまう事もないでしょう。スクラバーなしでは工場を稼働させられないという企業も多いのではないでしょうか。スクラバーを取り付けるだけで、これ以上臭気や排ガスなどについて悩むという必要もないでしょう。

循環式スクラバー バイオデラザー。スクラバー、散気管の株式会社アイエンス

製造工場や飲食店などの排ガスや廃水(排水)を環境問題に配慮したスクラバーや散気管でクリーンに。コスト削減のご相談も気軽にお問合せください。

後置きのスクラバーの必要性と特徴について

スクラバーとは排ガス処理装置のことで、工場などで製品を製造する際に発生する有害物質を除去するために重要な装置でもあります。現在の法律では有害物質は除去処理をして基準値以下の含有量にしないと大気に放出してはいけないことになっており、違反をすると罰金などの制裁が有るほか、場合にとっては操業停止に追い込まれる可能性もある重要な問題となっています。

後置きスクラバーは、敷地内の有害物質を吸収し周辺の大気を清浄化する能力を持っており、予めろ過装置などを取り付けなくても排出ガスを清浄化して大気に放出できるものです。

スクラバーの実態と解説

聞き慣れないスクラバーという言葉は、二酸化炭素排出量の削減を目的に、製造された排気設備をを現します。気体中に含まれている微粒子が、洗浄液によって捕集されることによって除去される仕組みです。

溜水式の洗浄液に気流を通すものや、スプレー塔式の微小液滴になった洗浄液を気流中に吹き付けるものなど、スクラバーはいくつかに分類されます。

地球に害を及ぼさない環境づくりが叫ばれる中、現代の生活にはなくてはならない存在でもあります。さらには主に産業分野で幅広く開発されており、作業環境を守るという意味でスクラバーは重宝されており、コストパフォーマンスなども優れています。

空気中のごみを除去していくスクラバーについて

スクラバーは、大気汚染を防止するための装置の一つとして挙げられ、工場から排出された汚染物質や、大気中に含まれている微粒子を洗浄液によって捕集し、除去を行う装置のことを言います。

乾式洗浄や湿式洗浄や、洗浄液を微小液滴にし、空気の中に吹き付けているスプレー塔式などの方法があります。スクラバーの設置の場所となる場所は、工業地帯や工場が主な場所となりますが、そのほかにも中国からくる黄砂やPM2.5など、人間の体の中に入り、呼吸器系などに害を及ぼしてしまっている微細な粉を取り除いていくために活躍がされています。

排気処理を適切にする重要なスクラバー

工場や研究所といった施設からは排気が出るものですが、この排気処理を適切にしてくれる装置を、スクラバーと呼んでいます。

いくつかのメーカーが製造していますが、使用される施設によって最適な製品が作られていて、環境に配慮されているものですから、この装置が開発されているおかげで浄化された大気になっているといいます。

日本の工場では、化学・薬品・食品等々さまざまな製品が製造されていて、これらの他にも数々の研究が施設で行われていますが、スクラバーが開発されたおかげで、排気を気にすることなく製造することができているといえるでしょう。

スクラバーのメーカーについてはこちら。
株式会社アイエンス
大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F

スクラバーについての記事

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。