Ecology RecycleFun リサイクルショップを大阪で。スクラバー、砂漠緑化について

工場で欠かせないスクラバー

工場によっては、排ガスを処理するスクラバーを欠かす事ができず、大規模なスクラバーを導入している事もあります。健康被害は環境汚染と関係している事もあり、スクラバーはマストの状態となっている事もあるみたいです。

そんなスクラバーですが、水膜を利用して排ガスを処理する物もあります。スクラバーを使い続けていると、定期的にカートリッジを交換しないといけないですが、数か月に一度と手間がかからず便利な物もあるようです。

これなら業務の際に大きな負担となる事もなさそうですね。メンテナンスがしやすい物が選ばれる事も多いそうです。従来品と比較すると、優れた物も少なくない様ですね。

スクラバー洗浄装置の方式と効果について

スクラバーは一般的には空気や大気、ガスなどを洗浄する装置のことで、気筒内に封入したガスなどに洗浄液を混入させ、その後』分離させることで空気などを洗浄する効果を持つものです。最近では多くの工場などで大気汚染対策のため導入が義務付けられており、工場排気の汚染濃度も法律で厳しく取り締まられています。

スクラバー洗浄装置には、大型から小型のものまで様々な物が有り、またその方式も様々な物が有ります。その為、利用する規模や用途に合わせて最適な物を選ぶことが大切です。

最近では、焼却設備に於いてもスクラバーを設置することが多く、環境対策に大きく貢献しているものです。

図面で確認するスクラバー

どの様なスクラバーであるのかという事については写真で見る事もできますが、裏はどうなっているのかという事が分からない事もあります。そのため、スクラバーについて知りたい場合には図面を活用する事もできます。また、図面からスクラバーについて把握すると、サイズや形状を詳しく把握する事ができます。

スクラバーの図面を見る事によって、工場のどの場所に設置するのかという事を考える事ができるでしょう。スクラバーは種類が多く性能を選ぶ事は言うまでもなく大事ですが、サイズや設置場所も重要となる事が予想されます。導入を真剣に考えているのであれば、細かい所まで考えて対応する必要があるでしょう。

ポリプロピレン製スクラバーのメリットについて

スクラバーは工場などに於ける排気より有害性の物質を除去し安心して排出するためには非常に重要なものです。しかし有害物質の除去に於いては複雑な排気経路を形成し途中で廃棄を効果的に濾過する必要がありますが、その経路を形成するために使用する塩化ビニールでは長期間の高熱に対する耐久性が十分ではなく、定期的に交換する必要がありました。

その塩化ビニールの排気経路の代わりに耐久性の高いポリプロピレンを利用することで排気経路の耐久性を高めることが出来るのがポリプロピレン製のスクラバーです。

このタイプのスクラバーは軽量化も図れるため、設置場所にも制約が少ないというメリットも有ります。

スクラバーの種類は何種類?

スクラバーは洗浄集塵装置のことですが、その機械は一体どれくらいの種類があるのでしょうか?大きく分けて4種類があります。①回転式②加圧水式③留水式④充填塔式です。それぞれ利点があり、また違った働きをしてくれるので、自分が使用したい目的によってどのような型式を選ぶのかが重要になってきます。

スクラバーのタイプも比較的小さいサイズで、そこまで大きいものはあまりありません。小さいながら大量の排気ガスの処理をしてくれるので非常に便利な機械です。ただし一つだけデメリットがあるとすれば大量の洗浄液を使うので、排水が大量に出てしまうことです。

スクラバーのメーカーについてはこちら。
株式会社アイエンス
大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F

工場の大気汚染対策に不可欠なスクラバー

スクラバーは工場などで使われる空気清浄装置です。工場内では各種化学実験や化学分析、製造工程で様々な酸やアルカリ性薬品が使用され、化学反応により汚染物質やばいじん粒子を含む有害ガスが発生する場合があります。

スクラバーはこれらの有害ガスを排風機で集め、排ガス洗浄装置で取り除き、きれいにして放出します。湿式と乾式(活性炭吸着式)があり、湿式は洗浄液でガスの毒物を洗浄することで除去、中和させる装置。

乾式は水洗浄では除去しにくい有機溶剤や悪臭を、活性炭を用いて除去します。各工場の環境に応じて使い分け、改良が行われます。

スクラバーについての記事

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。