Ecology RecycleFun リサイクルショップを大阪で。スクラバー、砂漠緑化について

特徴を把握して選びたいスクラバー

いろんな種類の臭気や排ガスなどがありますので、スクラバーもいろんな物質に対応する事ができる様に種類があります。スクラバーを導入する際には、自社工場で発生する臭気の種類を把握して、きちんと対応しているスクラバーを選ぶ必要があるかと思います。

スクラバーには燃焼させて臭気を除去する物もありますが、他にも吸着式や洗浄式などのスクラバーも存在しています。浄化の方法は全く違います。

適用しない物を選んでしまうと効果を発揮してくれませんので、不明な場合にはメーカーに問い合わせるなどして、最終的にはピッタリの物を導入する様にしたいですね。製品に関する情報について詳しく調べる様にしたいですね。

スクラバーを使って環境方針を守る

スクラバーは主に工場に環境方針を守るために設置される有害物質除去装置の一種です。工場を稼働することで生まれる排ガスをろ過して、悪臭の原因となる特定悪臭物質や環境に害を及ぼす恐れのある物質を含む塵などを除去することができます。

スクラバーは水などを洗浄液として、排ガスに含まれる粒子を洗浄液の滴や液でつくった膜の中に集めて取り除きます。さまざまな方式があり、溜めた液の中に排ガスをくぐらせる方式、排ガスに加圧した水を噴射する加圧水式、洗浄液で作った膜に排ガスを接触させる充てん層式、洗浄液を回転体で分散させながら排ガスを接触させる回転式などがあり、それぞれの向上に合った方式のものを設置することで環境方針を守っています。

洗浄液を使ったスクラバー

洗浄液を使う事で空気をきれいにするというスクラバーもあります。その場合には水がスクラバー内で使用される事もありますが、物質によっては酸やアルカリが洗浄液としてスクラバー内で使用されたりもします。

スクラバーを導入するという時には、あらかじめ臭気の成分を把握できている事が多いと思いますので、より効果的に処理できるスクラバーを設置しましょう。洗浄液を活用した方法というのは、他の方法と比較した際に、安いコストで利用できる事もある様です。しかし、状況により異なりますので、見積もりを出すなどしましょう。そして、薬品を処理したいという事も可能な場合がありますが、危険がない様に配慮しないといけません。

ダクトのスクラバーを交換するタイミング

ダクトに設置してあるスクラバーは、長い間放置していると経年劣化が進んでいきます。定期的に清掃をすることによって、より長持ちさせられます。

大掃除のタイミングなどに、スクラバーも一緒に清潔にしておくとよいでしょう。しかし、清掃をしても綺麗にならないときには新品のものに取りかえたほうが無難です。そのほうが高い性能を期待できます。

スクラバーを販売している量販店では、交換まで行ってくれることがあります。まずは、販売店に交換をしてもらえるかを問い合わせてみましょう。業者以外の人だとなかなかうまくできないこともありますので注意してください。

スクラバーの特徴について

スクラバーとは、気体中に含まれる微粒子が、洗浄液によって補集されることによって除去される設備です。気流に微小液滴となった洗浄液を噴射するスプレー塔式のものや、気流を洗浄液に通していく溜水式のものなど、複数に分類することができます。

二酸化炭素の削減を目的として製造されており、産業を中心に幅広く開発され、作業環境を保つ意味で重宝されています。さらに、地球にやさしい環境づくりが叫ばれる中、現代の生活においてなくてはならない存在でもあります。高性能のものや、コストパフォーマンスが高いものなど、選択肢も豊富です。

スクラバーの活用方法とは

スクラバーとは、二酸化炭素排出量の削減を目的に、製造された排気設備を気体中に含まれる微粒子が、洗浄液によって補集されることによって除去されます。洗浄液に気流を通す溜水式のものや、微小液滴になった洗浄液を気流中に吹き付けるスプレー塔式のものなど、いくつかに分類されます。

地球にやさしい環境づくりが叫ばれる中、現代の生活においてなくてはならない存在でもあります。産業を中心に数多く開発されており、作業の環境を保つために重宝されています。高性能なもの以外にも、コストパフォーマンスが優れているものなど、幅広い選択が求められています。

スクラバーのメーカーについてはこちら。
株式会社アイエンス
大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F

スクラバーについての記事

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。