Ecology RecycleFunスクラバー、砂漠緑化について

TOP > 藻場再生 > 砂漠緑化 > 砂漠緑化と日本の技術の活用方法 >  砂漠緑化のための植栽技術

砂漠緑化のための植栽技術の目次

  1. 砂漠緑化のための植栽技術
  2. 砂漠緑化のためには現地住民の教育が有効
  3. 北東アジアで行われている砂漠緑化
  4. 現地の人による砂漠緑化をめざす
  5. 砂漠緑化のメリットとデメリット
  6. 砂漠緑化の難しさとは
  7. 砂漠緑化は誰のためにおこなうか

砂漠緑化のための植栽技術

砂漠緑化とは、近年深刻と言われる地球上の土地が砂漠化することを、食い止め回復させるために行われる植栽などのあらゆる方法のことです。

植栽とは、植物を植えることや植えられる植物そのもののことを言います。

砂漠化する土地を回復するために砂漠緑化が行われるとは言っても、全ての砂漠に有効な手段というわけではありません。

文字通りの乾燥しきった砂漠では、植物を植える効果が期待できないためです。

このため、砂漠緑化と表現する場合、主に人間の活動で疲弊して乾燥した土地に対して、その土地にふさわしい植物を植える行為を言うと思えば間違いがないでしょう。

このような土地では地下水を使用することが難しいので、少ない雨水などを最大限に生かすための技術もとても大切です。

砂漠緑化のためには現地住民の教育が有効

砂漠緑化のためには、ただ単に植物を砂漠に植えれば良いというわけではありません。その植物が育つ環境を整えるという事が非常に大切になるのです。

そのためには、一時的ではなく、長期的な計画・管理が必要となります。

砂漠緑化を行うためには、その土地の気候に合わせた植物を選ぶということが有効です。植物を植えることで、少しずつではありますが、緑の草原を回復させることが出来ます。

そのため、その土地に住む人々の協力が必要不可欠であると言えるでしょう。そのため、現地の人々への教育により、草原を蘇らせる意味を指導することが重要です。

砂漠緑化の記事

北東アジアで行われている砂漠緑化

環境省では、生態系保全や再生の取り組みの一つとして、北東アジアの牧草地を対象とした砂漠緑化の研究が進められています。

衛星画像の解析や野外実験を通して、砂漠化の防止やどの技術をどういった地域に使えば砂漠緑化が成功するのかといったメカニズムの解明をしています。

取り組みの過程で、乾燥等のストレスに強い植物の品種改良や、砂漠環境に適応しやすい植物種の発見が期待されています。

砂漠緑化にあたっては、砂防技術や植栽技術だけでなく、灌漑や排水、土壌管理といった技術まで総合的な研究開発が進むことが求められています。

現地の人による砂漠緑化をめざす

温暖化対策のため、そしてその国の経済発展を助けるため、世界のあらゆる国、日本でも砂漠現地に人を派遣し、砂漠緑化をすすめています。

土地改良のため発電や水引きをし、土中に養分水分をふくませる技術を開発して農耕地をふやしています。

砂漠緑化は現地の働き手を増やし、農産物の収穫量を増やし、生活できる場所を増やします。

地球上には多くの砂漠がまだまだたくさんあり、砂漠の緑化はまだまだ道半ばですが、それぞれの生態系のバランスを守りつつ、人々が安全により快適に豊かに生活出来るようにそれぞれの場所に適した取り組みが行われています。

砂漠緑化のメリットとデメリット

砂漠に草木を植えることで、砂漠化進行の阻止や、二酸化炭素による地球温暖化防止など、砂漠緑化の取り組みは世界各国で行われています。

砂漠緑化によって、砂漠での生態系が豊かになり、また生物の多様性も復活することが期待されています。

また地面や大気中の保水力が高まり、海面水位が上昇することを抑えられたり、雨が増加させられたりするといった効果も見られます。

さらに、農耕可能な土地が増え、食料の増産も見込むことができます。

しかし、希少な砂漠の生態系が破壊されてしまう事も懸念されており、どのように砂漠緑化活動を進めるのかが大切なポイントでもあります。

砂漠緑化の難しさとは

「砂漠緑化」という単語を最近ではよく聞くようになりました。字からもイメージできる通り「砂漠を防いで、緑を増やそう」という運動ですが、これが実に難しい活動なのです。

そもそも砂漠というものは昔からあり、砂漠自体は地球上において大切な生態系の一部です。こちらを全てなくしてしまっては、それはそれで生態系のバランスが崩れてしまいます。

そういったバランスを保ちながら砂漠緑化を進めていけなければならないのが難しさの一つです。

また雨が、ある一定の量でさえ降らない土地では作物は育たないと記載している文献もあり、1本だとしても砂漠で木を育てるということは非常に難しいことがうかがえます。

このことからも砂漠緑化の難しさをうかがうことができます。

砂漠緑化は誰のためにおこなうか

砂漠緑化は、世界中の砂漠化した土地でおこなわれている緑化活動です。日本では企業が社会活動として社員を派遣しておこなったり、NPO法人が参加者を募り旅行の一部としておこなっていることが多いです。

しかしながら、植林して活動が完了するわけではなく、長期的な計画が求められます。水やり、剪定、肥料やりといった木のケアだけでなく、地域住民への説明も重要です。

砂漠緑化活動をおこなう理由を理解してもらえなければ、木はすぐに枯れまた砂漠化してしまうでしょう。

家畜が木を食べることで砂漠化することもあるので、家畜との共生をどのようにおこなっていくのか、方策も必要です。

砂漠緑化事業を考えるならタイキ。

会社名株式会社タイキ
本社〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号
最寄駅JR環状線 寺田駅
TEL06-6779-9001
和歌山支店〒649-6621 和歌山県紀の川市名手西野339番1号
TEL0736-75-9311
羽曳野支店〒583-0872 大阪府羽曳野市はびきの5丁目6番28号
TEL072-956-3038
神戸営業所〒657-0026 兵庫県神戸市灘区弓木町3丁目3番15-306号
TEL078-806-8260
堺営業所〒591-8003 大阪府堺市北区船堂町2丁22番25号3
TEL072-240-2633
奈良営業所〒639-0266 奈良県香芝市旭ヶ丘2丁目18番16号
TEL0745-71-3228
東大阪営業所〒577-0805 大阪府東大阪市宝持2丁目2番10-203号
TEL06-6736-5862
URLhttp://www.osa-taiki.co.jp/

メニュー

TOP 買取 DVD買取 リサイクルショップ大阪 リサイクルショップ スクラバー スクラバー設置 スクラバー製品 スクラバー大阪 砂漠緑化 藻場再生

リサイクルショップ、スクラバー、砂漠緑化についてのお問い合わせはここ

「Ecology RecycleFun」ではリサイクルショップの不用品買取サービスについてや、大阪のメーカーが取り扱うスクラバー、地球環境を改善する砂漠緑化の情報などのコンテンツを掲載しています。今後さらに情報を増やしていきますので是非ご覧ください。不用品があるなら奈良、京都、大阪、兵庫といった対応エリアの出張買取サービスを行うリサイクルショップを活用しましょう。

RecycleFun

リサイクルショップについて

スクラバーについて

スクラバーの設置に関する資料については大阪などの製造メーカーにお問い合わせください。

砂漠緑化について